ムーミンとその仲間たち 特にフィリフヨンカ

ビョークのことを考えていて、彼女がムーミン・トロールのTシャツを着ていたのを思い出しました。
ビョークの出身地であるアイスランドも、ムーミン・シリーズの作者トーベ・ヤンソンの出身地であるフィンランドも、その自然環境はとても厳しい。
そういった中で、工夫しながら、どのように生きていくか。
ムーミン・シリーズの中には、生き抜くためのたくさんの知恵とユーモアが盛り込まれています。

ユリイカ(1998.4)の「特集:トーベ・ヤンソンとムーミンの世界」の中に、
川上弘美の「未熟さを選ぶ者たち」という文章があります。
その中で、フィリフヨンカのお話が取り上げられています。
家事が大好きでいつもぱたぱたとしているフィリフヨンカ。
だいぶ神経質です。
私がとても好きなお話は、『ムーミン谷の仲間たち』のなかの「この世のおわりにおびえるフィリフヨンカ」。
(「未熟さを選ぶ者たち」のなかで取り上げられているのは『ムーミン谷の十一月』なんですが、「この世の・・・」の方が印象的で、こちらを取り上げました。)
いろいろな些細なことが積み重なって、すっかり元気を失くしてしまう彼女が、
また元気を取り戻すまでを描いた短いお話です。
取り戻したきっかけは、一見些細なこと。
しかし、その様子は丁寧に描かれていて、とても共感しました。

タロットカードの「塔」を思わせるような感じでした。
ポジティブな感じの「塔」。
自分でも処理できないいろいろな感情。
些細なことのようで、自分の深いところには結構ダメージを受けてるよ!っていうことないですか?
それが、あることがきっかけで爆発してすっきりしたりなんかして。
そんな感じ。
いままで執着してたことってなんやってん?と思う瞬間。

落ち込んだり元気になったり、私たちは、日々繰り返します。
ムーミンとその仲間たちもそうです。フィリフヨンカだけじゃなくて。
良いところも悪いところもあるけれど、それを拒絶はしません。
いろんな持ち味を持っていて、時には葛藤しながらも、
そのままそれを受け入れ生きていくそれぞれのキャラクターたち。
そのまま生きる。
一見未熟なように見えますが、決してそうではない。
「わがままでなしに、真の意味で私を保つことができるだろうか?」(「未熟さを選ぶ者たち」川上弘美 『ユリイカ』1998年4月号)

私は、ムーミン・シリーズを読むと、ほっとします。
厳しい自然を前にして、いかに自分の存在がちっぽけで未熟なものか。
且つ、かけがえのない存在であるか。
未熟であることを受け入れた時、自分を取り戻します。
人の目ばっかり気にして見失ってたなとか。
そして、その取り戻す方法がムーミン・シリーズにはたくさん書かれています。

フィリフヨンカがどのようにしてどんなふうに自分を取り戻すか。
フィリフヨンカは私でもあるのです。

ちっぽけな自分を愛し、受け入れること。
なかなかすっとは出来ないな。
そして、タロットや西洋占星術などに助けてもらっているわけです。
[PR]

by mogusa315 | 2012-02-21 01:27